日記とかです。タイトルは、そうありたいと思う気持ち。

我あり。
いつの事か、生まれた時からか、生まれる前からか。

記憶がないから解らないけど、自分が一人だと知っていた。

天上天下唯我独尊

みんな、自分には役目がある。

あなたも。

まずは幸せになる事から。

人のためにも自分が幸せじゃないと。


ありがとう(*´ω`*)

おはよう。
おはよう。

よく寝れた?

今日も地球は美しいね。

気持ちいいし、幸せだね。

泣かないで。

つらい夢は夜においておいで。

目を覚ますことを

恐れないで。

あきらめないで。

その夢よりもこわいことは起きないから。

目覚めたら幸せが待ってるから。

みんなは多少おくれてもいい。

目覚めない人もいる。

あなたは、みんなより早く起きる役だからね。

ちょっと嫌かな。

ちょっと辛いかな。

まどろみも楽しめたら最高だね。

おはよう

毎日、きみに愛が降り注ぐよ。

大丈夫。

抱きしめてあげるから。

もうこわい夢はみないからね。

愛してるよ。
愛してるよ。

だから大丈夫。

僕の存在を感じる?

求めれば。

今君がどんなに弱くても、美しいと思えなくても

僕の愛がとどくなら、大丈夫。

君の側に花があるように。

美しさ。
愛はあたたかい。

エネルギーだから。

届くと気持ちいいから、循環しはじめる。

それでいい。

気持ちいいね。

うっとりしたらいいです。

僕の愛が届いたなら、たのしんで。



情はあまりない。

情が好きな人には、冷たく見えるかも。

これからすることに必要ないから、しかたない。

愛は美しいなぁ。

気持ちいいなぁ。

皆にも見せてあげたいから、おすそ分け。

さみしい時は言ってね。
もしも寂しい(ノ_・。)ときは

メールでも電話でも下さい。

夜中でも昼間でも、僕が受け止めてあげる。


さみしいと言える相手がいる幸せを知ってるから。

何人知り合いがいても

さみしいと言える相手がいない辛さも知ってるから。


それが根本的解決にならなくたって、いいんだよ。

解決に向かうために全力を傾ける貴方が

一瞬、緊張感を手放す位のことだと

かみさまは知ってるから。



愛が見えなくなる前に。





2008年03月28日

卒業について。

卒業について。(今分かっていること)


その事象が一つの結果結論にたどり着くまで

全力で必死に努力して

何かの結果結論が出たら

例えそれが不本意なものだったとしても

それが今の自分の全力限界だと腹をくくり

とにかく、その事象についての執着を手放す。

すると、次のステージが現れる。



想像力を持て。
想像力の欠如は、今後かなりイタイ事だろうな。


想像力がないと

目の前の現象と仕組まれたデータに踊らされる。

過去の現象から未来を予測して行動してもいいが

あるレベルを超えると過去のデータと体験談が少なくなるから

その手法は精度が落ちる。

そしてあるレベルを超えると、セオリーが真逆になる。

だからそれは

幸せになるための手法としては最善とは言えない。



そしてここで言う想像力の必要性は

そのものが絶対というのではない。



むしろ想像力の欠如という事態が

時や空間などの次元を超えて自由に想像するという

人間の脳の最大の魅力ともいえる働きを制限すること危ぶむもの。

スコトーマとして、目・耳・口・肌・鼻で感じられないものを

無きものとする事が大きな弊害であるということ。

つまり想像力が少ないことで

あなたの第6感、第7感を信じさせないことが問題なのだ。

信じないものは存在しない。



想像力を持とう。



あなたには一番パワフルな能力が無いという枠が

自分に適用されてしまう。

それはこれからのセオリーを模索するあなたに、大きな障害となる。

改善策は簡単。

あなたにも想像力はある。

もっともっと、自由に広げることを自分に許すだけ。

時や空間を超えた自由を感じる自分を許すだけ。


ぼくの役目
今日・・昨日?もいい日でした。



ちょっと耐久で疲れてますが

とにかくその最中は楽しくて仕方ない。

どんどん成長するパイプに、人の能力ってすごいなぁと。

すさまじいスピード、あの人も、あの人も、僕も。

最初は意味のわからない状況から、最後は明確な天の意図を感じたね。

色々気付きますな。



僕自身、いっつも階段を何段飛ばしてるか分からない感じ。

合ってるかどうかなんて常に不明瞭。

なのに結果は明確。

おかげさまで常に必死で暗中模索。

基本、教えてくれる人がいないことに慣れているが

そんなデカイ意図があったとは驚き。

本当は誰かに言ってもらいたい「大丈夫」を誰かに言い続ける。

あまり得意じゃない事はしなくていいみたいだ。

あんなに上手に伝えられないのは・・ちょっと僕がせっかちで

聞いている相手よりも

あの人の心境や状況にフォーカスしてしまうから。

深い愛だなぁ。

解るようになればなるほど、驚く。



僕のいる意味が、少し輪郭が出てきた。

まだまだ迷うけど。

あちらが陽なら、陰を担えと。

きっと同じ状況は「一人じゃない」から「あきらめず進め」ということ。

それを「あの人に伝える」こと。

それが「役目」。

その活動における陰陽・強弱・寒暖・・様々な「バランスをとる」こと。

最初は世界も超デリケートだからな(笑)。



かみさま、それ

僕じゃなくても良くないか?

僕の代わりもいそうじゃん??

すさまじい実績をお持ちの方々が、僕よりたくさんいるぜ?

逆に僕、基本は人を魅了できるほどデカイ実績ってないぜ?

って聞いた。

が、断固NOだった(笑)。

変わってもらえるなら喜んで、と思うけど。

そんなこと言うだけでもお怒りです。ごめんなさい(苦笑)。

わかったよー、そこは腹くくるよ。



常識・スコトーマ・存在
常識って人が言うとき

周囲10人前後の身近なルールを指す人が多い。

むかし、ヒステリックな人が常識常識って騒ぐから、うるさいなぁと思って

常識って何?と聞いて、大変な目にあったけど(笑)。

正論は人間関係においては爆弾だよな(笑)。


でもまぁ、大好きなアインシュタインもいってるし。

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションを言う。

常識なのか、スコトーマなのか。

常識を疑え。


スコトーマもね、意識してない物は見えない、存在しない。

だから、人が人に一番してはいけないことは、無視。

存在しないように扱うのが一番してはいけないこと。

知らなかったことは仕方ない。

今日から考えればいい、見ればいい、行動すればいい。

でも絶対に、存在を無視してはいけない。



もしも

あなたが存在しないように皆がふるまったら

あなたはどうやって自分の存在を体感する?

それはかなり大変な状況。

人にそんなつらい目にあわせてはいけない。

一人だと思ってしまったら、その人は生きていけないから。

自分がされたら辛いでしょ?

絶対にしてはだめ。


あなたが主人公。
自分の人生なのに、だれの台本を演じてるの?

生きていくことは

自分の人生の役割を生き切ること。

他の人の台本に合わせてもいい。

でも自分の台本はしっかり持ってて、忘れないで。

誰かの台本と自分の台本、都合がいい時は一緒に動けばいい。

でも自分の台本で生きて。

なんの為に生きているのか解らないと感じる人がいたら

それはきっと誰かの台本で

ミスキャストに気付かずに演じ続けているから。

自分の台本で、主人公は常にあなた。

絶対に忘れないで。



場所の力と加点法
今日も超良い日★ ものすっごく楽しかったなぁ。

マンダリンオリエンタルホテルのラウンジで

アフタヌーンティを楽しんで来たよ♪


ますます直観で生きてる感じ。

やっぱり、呼ばれてたな。


自分では出来ないことは人に任せる。

アドバイスありがとうございます。

今日も学びが多いです。日々是勉強。

Who Help Me?

誰が僕を助けてくれるかなぁ??

・・・あはは、楽しい(笑)。


質問は大切。

何故出来ないのか?

 進化→どうやったら出来るかな?

  進化→だれに助けてもらったら出来るかな?

早くクセにしよう。

------------------------------------------------
● 加点法
------------------------------------------------

褒められた(と思う)。

ありがとうございます。うれしい。

初対面の人に褒められるのって、すごく嬉しい。

すべての事象に対して、引き算する意味が解らんと思ってる。

性悪説スタートでもないけど、性善説で減点するのはひどいと思う。

ほんとは存在するだけで奇跡なのに。なんで引くのさー?

でも全部が奇跡だから、とりあえず横並びで0点スタート(笑)。

最初はすべての人、物、0点。

だから、ぼくの人生は良くなるばかり。

しあわせやな(笑)。



今日も良く生きれたと思う♪

おばあちゃんに道を聞かれたの、嬉しかった。

知らなかったから、ちがうおばあちゃんに聞いたら

教えてくれた人も、聞いてくれた人も嬉しそうで良かった。

教えてくれた上品なおばあちゃんにお礼言ったら

「たまたま知ってて良かったわ」って、笑顔、かわいかった。

僕も、たまたま知らなくて良かったな。

あなたの笑顔に会えたから。と思った。

あんな風にいえるの、いいなぁ。

わくわく。しあわせだー。



Copyright © べつのめせんでかんがえる. all rights reserved.