日記とかです。タイトルは、そうありたいと思う気持ち。

02/24のツイートまとめ
mituru_k_el

RT @10000RT: 何故少年少女がロボットに乗るアニメしかないんだろうか。私としては人並みに生き、周りに合わせている毎日で胸にポッカリと穴の開いた中年リーマンがひょんなことからロボットに乗る羽目になり「私が乗れと…?まだ自分の車すら持ってないのに…」みたいなのをかれこれ5…
02-24 23:51

RT @VoiceofRussiaJp: 米カジノ業界、日本にカジノを開くためなら100億ドルも惜しくない http://t.co/ajxWyCmGx3
02-24 23:50

RT @tatsuruwords: 若い人は多く誤解しているが、個性というのは内発的なものではない。「呼ばれる」ことである。「自分は何をしたいのか?」という内発的な問いにこだわっている限り、人はground level から抜け出すことができない。
02-24 23:48

RT @RocketNews24: みんな無事か〜?>【マジかよ】北欧神話の専門家によると2014年2月22日に「世界の終り(ラグナロク)」を迎えるはずだったらしい http://t.co/9KwMerwCbD
02-24 23:47

RT @coodoo: ついに「洋服もプリントアウトの時代へ」サイズを入力するだけで、ピッタリの服がすぐに生まれる http://t.co/UrCD79ZRMQ
02-24 23:46

RT @takamin_: (ファミチキください) RT @coodoo ついに読心術・テレパシーが可能に「人の心を読み、音声再生」することにカリフォルニア大学が成功 http://t.co/CUkbdqxMwt
02-24 23:43

RT @onoderamasaru: アイヌ子弟大学修学資金制度…大学に通うと年百万を借りられる制度だ。調べると中高年の利用が多く貸付額25億円中返済額は160万円。利用者は協会幹部と関係者が多数。通信大学入学後すぐ退学して金だけを貰い、最長13年間の者も。一族でこれを利用した…
02-24 12:47

昨日の夢からずっと頭の中で「聖しこの夜」が流れてるから、きっとこれは受胎告知だろ、って旦那さんに話したら「世界には数%いるらしいよ。単独妊娠」って言われた。いやいや。数%って、マリア様多くね?でも聖しこの夜流れてる。
02-24 09:49

RT @Dgoutokuji: 助六寿司を食いながらその由来を話したら、若い人に尊敬されてしまった。助六が惚れた花魁の名が揚巻、揚は油揚で稲荷寿司、巻は巻物で海苔巻、そのセットだから助六寿司。前座の頃にそう楽屋で教えられたのだが、いいことを聞きましたと若い人はメモまで取り、この…
02-24 01:27

また読もう…今日は眠い。
02-24 01:14

まほろばだより/折々の書http://t.co/0DY0KBOvwT
02-24 01:04

RT @kentosiz: 「鵜茅葺不合(ウガヤフキアエズ)王朝と富士王朝」で検索したら、これが普通に出てきました。神話過ぎて、偽物とずっと思われていたんだな。というよりも、この王朝の存在すら知らなかった。宮下文書何かの問題ではない。これで一致した。http://t.co/J
02-24 01:04

RT @kentosiz: 鵜芽葺不合(ウガヤフキアエズ)王朝というらしい。初代・天之御中主天皇、高木天皇(高御産巣日神)、富金足中置天皇、天日嗣天皇等三百代も天皇は存在したのです。あれ?もっと長い。イザナギの問題じゃない。ていうよりも日本神話の神々じゃない。
02-24 01:03

『上記』(うえつふみ)は、いわゆる古史古伝と呼ばれる文書の一つであり、一般に偽書とされる。ウガヤフキアエズ王朝を含む古代日本の「歴史」などが、神代文字の一種である豊国文字で書かれている。『上紀』『上津文』『上つ文』『ウエツフミ』とも書き『大友文献』『大友文書』などともいう。
02-24 01:03

RT @kentosiz: 富士王朝以前に王朝があったという事実に遭遇したので、リンクを出します。書籍としてちゃんと発見されているものの、一般的には「偽物」とされていたようです。初代はイザナギから始まっている。http://t.co/DJF75SMYgB
02-24 00:57

RT @euro_tour: エジプト 古代神殿で神秘現象(2/23NHK) 「アブ・シンベル神殿」では22日、日の出の太陽が神殿のいちばん奥にある神像を照らし出す1年に2日だけの特別な日‥http://t.co/rlwIXKNrbn≫ラムセス2世の生まれた日(2月22日)と、…
02-24 00:49


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © べつのめせんでかんがえる. all rights reserved.