日記とかです。タイトルは、そうありたいと思う気持ち。

11/14のツイートまとめ
mituru_k_el

RT @bangkokbangbang: スタープラチナ。#annglemag#アジアコスプレ#ジョジョ#タイあるある#荒木飛呂彦 http://t.co/UFQt5jpgUX
11-14 16:52

RT @gyokusen_since: おしることぜんざい関東と関西では違ってた!関東:しるがあるのが「おしるこ」しるがないのが「ぜんざい」関西:両方共汁があり、「小豆(あずき)」があるのが「ぜんざい」でないのが「おしるこ」
11-14 07:52

RT @wired_jp: 目にした行為と「共鳴する」運動神経細胞「ミラーニューロン」の発見から約20年、他者理解のメカニズムが徐々にわかってきた。(再掲) http://t.co/dqhFd8BBZO http://t.co/qkGFXyqD9q
11-14 05:48

RT @hachi_100smiles: 好きキャラのために必死で社畜してる人を見るたび、戦時中、フランスの捕虜たちがあまりの辛さに小さな空椅子を雑居房に置き、「ここには可愛い女の子が座っている」と妄想しながら挨拶したり架空の誕生日を祝ったりして品位を保った、って話を思い出す。…
11-14 05:48

RT @stalin1936: 日本人は自分で考えたり責任取るの異常に嫌うし、君主制のが合ってるんじゃない?
11-14 05:41

RT @kougaku: 段階的にゴールを設定してこつこつやる。うまくいかない時は原因を丁寧に探る。ダメな時を想定してプランBも脇に置いておく。そしてこれがダメだったらこの件は清くあきらめる、というラインも決めておく。
11-14 05:28

RT @kougaku: ちょっとうまくいかなかっただけで「もうだめだああああうわあああ」ってなるのよくない。
11-14 05:28

RT @kougaku: うまくいかないパターンをどれだけ知っているか。これすなわち経験。うまくいく方法は大事だが、失敗する方法を知ってることはもっと大事。
11-14 05:28

RT @nakashima001: 服装がその人の願望を表すことから判るように、いろんな意味で恐れ(畏れ)を感じるのは多くの場合、普通にみえる(普通を願望する)人々だったりするのであるが。
11-14 04:24

RT @nakashima001: 関連して「服装には願望が表れやすく、本性は瞳に表れやすいと仰るが、眼の印象は服装でも変わるのでは?」との質問。瞳はどんな格好をしても誤魔化せないはずだが、“泣き虫少年”の瞳をした田中泯さんが剣豪役に抜擢されたりする事実を鑑みると、実際はこの感…
11-14 04:24

RT @nakashima001: 講義の余談で「記述された事柄というのは、それが当時珍しかったから記述に値したのであって、それは一般化できない」と話したら「では何がわかるのか?」と質問があった。エラそうな人を偉い人だなとか、知的にふるまう人を知的な人物だなとか思うだろうか。赤…
11-14 04:24

RT @nakashima001: たしか中井久夫さんが魔女狩りの地政学的研究で、平地と森との境界に住んでいた薬草学や民間療法に長けた人々がまっさきに標的とされた史実について触れ、地政学的に相似する土地から精神医学は誕生したと述べていた。ともあれインターフェースで技芸が発生する…
11-14 04:21

RT @nakashima001: 波照間島の言葉で「マラス」という生誕をも逝去をも意味する語があるが、「罷る」もまた来ることをも行くことをも意味する。「ムスビ」も産霊(始まり)であり結(終わり)だし、「ホフリ」も祝りであり葬りである。そのベースには、円環的な時間感覚があるのだ…
11-14 04:20

RT @nakashima001: 母の老いた局部を見て泣く男性 老人介護の現実 〈週刊朝日〉|漫画家: 岡野雄一 × 民俗学者: 六車由実 http://t.co/EshdUd2syi #asahi_pub 「認知症になって初めてあの世とこの世がつながる」岡野雄一
11-14 04:20

RT @nakashima001: こうした投影作用があきらかに非現実的であることを実感をもって学ぶことができたのが文化人類学的フィールドワークであった。
11-14 04:13

RT @nakashima001: 自分が見透かせるように他人もまた自分の嘘を見透かせるに違いないという投影作用で嘘がつけなくなったのと同じ構図で、一時期、対人恐怖症まで発症したことがある。すなわち自分が他人を見透かせている程度に他人も見透かしているに違いないと。
11-14 04:13

RT @nakashima001: 人は全然ウソを見抜けていないことが判明 http://t.co/yoluhdciUv 三、四歳の頃、近所の子分を引き連れて窃盗団をやっていた頃が最も嘘上手だった。話に具体的な細部描写をいれるだけで大人は騙せた。その後めっきり嘘が駄目になった…
11-14 04:13

RT @nakashima001: 『人は なぜ歌うのか』 高橋 睦郎 × 水原 紫苑④ http://t.co/igVdjsMKdX @youtube 「忘れられて消えていく それが言葉の 健康な姿」
11-14 03:56

RT @nakashima001: 『人は なぜ歌うのか』 高橋 睦郎 × 水原 紫苑③ http://t.co/jt2CRXF3JW @youtube 「詩人の役目とは 究極のところ 鎮魂」
11-14 03:56

RT @nakashima001: 『人は なぜ歌うのか』 高橋 睦郎 × 水原 紫苑② http://t.co/GTxFPF6GXF @youtube 「本来は 自分を超えたものの 歌口になって歌う」
11-14 03:56

RT @nakashima001: 『人は なぜ歌うのか』 高橋 睦郎 × 水原 紫苑① http://t.co/T1xbF5zsCX @youtube 「日本という国も社会も 恋で成り立っている」
11-14 03:56

RT @nakashima001: おそらく、かような実験http://t.co/i5ozi67K04 は、芸術家の脳についての新たな知見をもたらす可能性がある。さらには一口に「アーティスト」と括られる集合概念のもつ誤謬や、その文化圏ごとの差異(または類同)についての神経生理学…
11-14 03:55

RT @nakashima001: ベンヤミンはいみじくも「芸術家はもっとも暇そうにみえる時、もっとも仕事をしているのである」と述べたが、ボーッと方向性をもたない観想状態にあるとき、方向性(目的)があれば最短距離で繋がろうとするシナプスが時間をかけて道草し、遠回りしながら気儘に…
11-14 03:55

RT @nakashima001: 「ネットワークは突如として、一見でたらめに連結しあうのだ。しかし実際には、でたらめにつながっているわけではなく、いわば正常時とは異なる新たな秩序が出現しているらしい。」http://t.co/i5ozi67K04 これは共感覚はもとより、幻…
11-14 03:55

RT @nakashima001: マジックマッシュルームの幻覚成分を投与した被験者の脳を、「正常状態の脳」と比較。視覚化が行われた。通常は生じない「ネットワーク間のつながり」が、多数生じている:(fMRIスキャンによる視覚化実験) http://t.co/ptOA47LkzK
11-14 03:55

RT @nakashima001: 曖昧にみえるもの、混沌として輪郭を得ないものは、ほとんどの場合、既存の枠組みでは歯が立たない上位宇宙に属するものなのである。ゆえにモヤモヤしている状態に、いかに耽溺でき、その顕現を待つことができるかが肝要なのだと思う。
11-14 03:52

RT @nakashima001: 「即興は型に先立つ。型は即興の蓄積と定着から。このとき伝統の統制と権力が生まれる。」と高橋悠治はいう。きょうは卒業研究の中間プレゼンだが、できれば安易に「型」から発想せず、まだ形をなさないカオスのなかに、いつか形を見せるかもしれない上位宇宙の…
11-14 03:52

RT @nakashima001: 「銭湯、色街、霊柩車の不思議な関係」町田忍 http://t.co/OpXrKiFg00 「この(銭湯・色街・霊柩車に共通する)唐破風を構える入口は極楽浄土への入り口、唐破風は極楽浄土の入口を示すサインなのではないか。」 http://t…
11-14 03:49

RT @nakashima001: 「(技芸者たちは)無我の境地で演技しているときは良いが、いったん邪念が湧くと身体が上手く動かないようなことをしばしば耳にする。前頭葉は、スムーズな身体の運動を抑制するのではないか? 無我の境地とはつまり前頭葉を鎮めることなのではないか? この…
11-14 03:49

RT @nakashima001: 技芸者たちとの神経回路自体の相違を理解しない理論家たちが陥る過ちは、端的に「それら(作品)には(わたしたちに向けた)企図・意味があるにちがいない」と前提してしまうことにある。その誤解が「それを説明できないのならアーティストとして失格」といった…
11-14 03:49

RT @nakashima001: 脳科学の成果は、ある分野における熟達者たちがその訓練を経ていない人々とは全く異なる神経回路を形成している事実をあきらかにした。しかし一般的認識においてはいまだ画家が観ている世界も音楽家が聴いている世界も「われわれ」と共通なのだと信じられている…
11-14 03:48

RT @nakashima001: 「脳科学と音楽教育」小泉英明 http://t.co/QK0DuTYbhZ 結論部の、なぜMIT には音楽学部があるのか?なぜ音楽学部で理論は重視されないのか?という点が興味深い。きわめてホーリスティックに熟慮された社会学的知見が反映されて…
11-14 03:48

RT @nakashima001: 「視聴覚発達: 人間のコミュニケーション機能発達過程の研究」定藤規弘 http://t.co/KGbsqhrAEJ「異種感覚を統合する神経回路は、感覚脱失ならびに学習に伴いダイナミックに改変される。人間の高次脳機能は、可塑性に富んだ脳局所間…
11-14 03:48

RT @nakashima001: 芸術制作のプロセスとは、“変身” “変容” のプロセスにほかならない。そこでは作者が作品をつくるのではなく、作品が作者を産み出す。作品は自己表現ではなく、自己制作に与する。ゆえに「これは私が表現した」などと考えることは事後的で倒錯的な認識にす…
11-14 03:44

RT @nakashima001: 「意識は、たとえ変化や変化率のさなかにあっても、そこで起きていることが何であるかを知ることができない。知ることができるのは、変化の結果である。… 変化に巻き込まれた意識という事態は、発達途上での能力の形成や新たな現実性の形成へと進んでいく芸術…
11-14 03:44

RT @nakashima001: これは最新のオートポイエーシス研究から導きだされた成果であると云うより、古来より「野生の思考」をその基底において継承してきた芸術/アートの思考回路そのものである。すなわち古層の思考がもつ有意性が、科学的アプローチによってアレーテイア(顕在化)…
11-14 03:41

RT @nakashima001: 「…… ここには個々の事実を普遍理論からの配置で分かったことにしないという「理論の保留」がある。理論をつうじて現実を要約するのではなく、現実の新たな局面が見えてくるように、アナロジーを接続していくのである。」河本英夫
11-14 03:41

RT @nakashima001: 「データから概念や理論に進むのではなく、問いを宙吊りにしたまま、アナロジーで考えていく、分散的な注意力がある。それは詩人や俳人が、見慣れたもののなかに新たな現実の局面や断面を見出すような、緊迫しているが、力の抜けた注意の働き方である。…… 」…
11-14 03:41


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © べつのめせんでかんがえる. all rights reserved.