FC2ブログ
日記とかです。タイトルは、そうありたいと思う気持ち。

苫米地さん講演メモ
ルータイスさんと苫米地さんの講演メモ
11/19 19:00~21:00 @新宿

12月のTPIE(The Tice Principle In Excellence)
2日で38万のセミナー案内

・・・おしい、一昨年なら多分行ったんだけど(笑)。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

未来の記憶の作り方
将来の機会の為にマインドを準備しておけば
機会をちゃんと捕まえる事が出来る

メモリ=認識した事+当時の情動
過去の記憶がなければ今の認識はない
認識と同時に統計的に確率で評価を下す(安全か?等)

プリンシプル(原理)とスキル(技術)
イマジネーションを適切に使うためのアファメーションプロセス
 1.まずマインドのリアリティを変える
 2.マインドが現状(リアル)に違和感を感じ始める
 3.現在(リアル)に不満足になる
 4.変化(成長)が起きる

未来をビジュアライズしてマインドで未来を設定する
 1:エナジー 。。。。ゴールがエナジーを生み出す
 2:アイデア 。。。。ゴールがアイデアを生み出す
 3:認識 。。。。情報や資源が見えるようになる

高いドリーム→不安と言うテンションを生み出す
不安になるから、高いドリームはダメ?
それは間違った認識、このプリンシプルとスキルを知っていれば
不安になるから高いドリームは止めようとは言わない

Howは知らなくていい
ゴールを正しく設定すれば
マインドが世界をスキャンし始める
そして入ってくる
Howは知らなくていい
このプリンシプルとスキルを知っておけばいい

ゴールを設定 → 知覚(認識)が生まれる

未来の発明の仕方
コンフォートゾーン = プリズン(牢獄)

未来に対してマインドを準備していく

クリエイティング フューチャー メモリー
現実とは記憶である

ダーウィンの進化論は退化論だ
あれは退化についての話をしている
最適化というのは退化、ほかの機能を排除した状態
進化とはゴールを設定して今までにない状態になっていくこと

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © べつのめせんでかんがえる. all rights reserved.