日記とかです。タイトルは、そうありたいと思う気持ち。

04/05のツイートまとめ
mituru_k_el

RT @hsieh45: 絶景, 桜の花絨毯(じゅうたん) 弘前公園(弘前城)さくらまつり - 弘前城のある弘前公園には多くの濠があり、約2600本の桜の花びらの多くも濠の水面に散り、その美しさは ... 🌸(^^;)🌸 http://t.co/FFbDG9FjN5
04-05 04:34

RT @michiya1947: →日本が何故未だに「空白の4世紀」など抱えているのか、と言えば、宮内庁が天皇陵の発掘を認めないからである。天皇陵を発掘すれば都合でも悪いのかと勘ぐりたくなる。日本の歴史は日本国民のものであり、アイデンティティでもある。日本書紀のようなデタラメな…
04-05 04:29

RT @michiya1947: →という本当の正統性が隠されてしまった。だから日本書紀や古事記から邪馬台国が消されてしまった事により「空白の4世紀」という国の歴史としては恥ずかしい事態を招いている。中国など殷や周など紀元前16世紀頃から歴史は分かっている。更に殷の前の夏王朝も…
04-05 04:29

RT @michiya1947: 天皇という呼称が用いられた最初は天武朝からだと言われる。それまではオオキミ=大王。邪馬台国にしても大和王権にしても最初は諸豪族が集まって成立した。天武が編纂を命じた日本書紀(対中国向け正史)も古事記(国内豪族向け王朝の正統性)も持統と不比等によ…
04-05 04:29

RT @motonm: 織田信長は生きているときには官名である上総介と一般には呼ばれていたが、死後に信長と公開され一般的に使われるようになったのは、その死に方が恨みを持って死んだので祟り神になる可能性が高く、諱で封じ、その業績を讃えて祟り神にならないように封じた為。
04-05 03:53

RT @junakiyamajun1: 明治時代以前は日本でも、諱(いみな)・字(あざな)というミドルネームのようなものがありました。歴史上の人物でも、以下のような人たちがいます。・伊達政宗 = 伊達藤次郎政宗・織田信長 = 織田三郎信長・坂本竜馬 = 坂本龍馬直柔
04-05 03:53

RT @fujik5963: 今上を「今上陛下」「天皇陛下」と呼ぶのもある意味諱の崩れみたいなもんだし、そえいば織田信長の宗家が「信」の字を名乗らなくなったというのもあったっけ。
04-05 03:53

RT @fujik5963: 役職名すら省略した、徳川家康、織田信長、みたいな名乗りは、それこそ呪詛で使うケースだったらしい。諱を平然と使用し、その相手の地位役職すら無視してるのだから。まあ習う分には分かりやすくそういう名前でいいんだけど、そういうのを歴史作品に持ち込むケースに…
04-05 03:53

RT @IQanon: 日本人の名前はほんとはもっと面白い。氏、姓、本姓、家名、諱、幼名、戒名、法名、たとえば土方歳三は藤原義豊だったりもする。更に本名を呼ぶのは失礼とゆー風習もあったりして、今でも役職呼びとかペンネームとかHNとかハンドル呼びとかあるのも、そーゆー精神の名残な…
04-05 01:44


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © べつのめせんでかんがえる. all rights reserved.