FC2ブログ
日記とかです。タイトルは、そうありたいと思う気持ち。

1★ダライ・ラマ法王 横浜法話・講演
先日、2010年6月26日(土)に
ダライ・ラマ法王の法話を拝聴するため
彼と二人で
パシフィコ横浜まで行って来ました♪♪(*´▽`*)ノ゛

全部だと長文です(笑)。
でも読んでほしいな。イメージと違って面白いと思うの。
分析とか、理解とか・・・科学や哲学の話だからさー。

こちらは公式ポスター・クリックで拡大
★公式サイト《ダライ・ラマ法王日本代表部事務所》より
ダライ・ラマ法王 横浜法話・講演 2010年6月26日(土)

会場は朝の8:00から開くとな。
・・・荷物の片付けと発送がドタバタで
1時間ほどの仮眠で出発(苦笑)。

スケジュールは
 法話10:00~12:00 / 講演14:00~16:00
 13:00~14:00はステージにて各種催し

って事は、10時なんて着いたら、大混雑でしょ??
頑張って8時すぎぐらいに着いたよ。
久々のパシフィコ横浜だー。
2年半ほど前に来た時は
ジム・ロジャースさん、ジェームス・スキナーさん
リチャード・タンさん他のセミナーだったな。
ジム・ロジャースさんに翌日のセミナーにご招待いただいて
面白いことが色々あったなぁ・・なんて思い出しつつ
会場の中で待つこと2時間。
極度の疲労と睡眠不足で・・・気絶しそうでした(笑)。

場内アナウンスによると、約1万人の来客とか。
でも午前中は、法話だからね。
もう少し少なかったかな。午後から増えたね。


内容 *************

<法話>  縁起賛と発菩提心

The Virtue And Practice of Connectedness and Generating a Kind Heart
より幸せに生きるための智慧。
それは、縁起と菩提心です。
一見難しそうに見える仏教の教えは、
実は、毎日をより上手に生きていくための
道しるべであり、日常生活の中で活かせるアドバイスばかりなのです。
今、あなたが抱えている悩みを
うまく乗り越えていくためのヒントを、
ダライ・ラマ法王が仏教的な観点から
わかりやすく丁寧に解き明かして下さいます。
今日よりも明日をより幸せに生きていくための智慧に、
あなたも耳を傾けてみませんか?

<お昼ステージ>
 日本・韓国・モンゴル・台湾・チベット
 それぞれの僧侶による独自の声明・お祈りなど


<講演> 『幸せの本質』~共生と共存の未来へ向けて~

The Essence of Happiness and a Healthy Co-Existence
行き止まり感が強い、現代の地球社会。
戦争、経済不況、格差社会、環境破壊など問題が山積みの21世紀を
私たちはどのような姿勢で生きていくべきでしょうか------。
ダライ・ラマ法王が環境、科学、経済の視点から
“共生・共存”の大切さを説き、幸せの本質とは何かに迫ります。
「未来社会を生きるための心得」の数々を明日のためにお役立てください。

********************

私たちは
お弁当つきの前の方の席だったんだけど
お弁当足りずに・・てか、朝イチで私は食べてしまって(笑)
お昼は改めて弁当買ったよ。
シュウマイ弁当、写真撮るの忘れたけど
有名だからいいか。

午前はお坊さんとか関係者や勉強してる風な人が多かった。
午後は一般(?)の人が増えた、という感じだったけど
質疑応答は、何人かヒドイのがいたなぁ・・・。

「あれ?話し聞いてた?」みたいな質問とか
「え?!どこの宗教の宣伝??」とか
「敵対組織?!」とか・・・
いやぁ、ダライ・ラマ法王は寛大で回転が速いんだわぁ。
そういう意味で、とても勉強になった。

私たちは、こういう考えですよ、こういう行動をとっていますよ。
だけど、それが唯一絶対の方法ではないです。
私たちは、そうしているという話です。
というスタンス。

賢くあれ、とな。

東京の家で、彼の見てたダライ・ラマ法王のDVDを覗いて驚いたんだ。
分析と理解・・・あれ?これって哲学?科学?
誤解は、過小評価・過大評価、どちらの方向であれ
誤解を解いたほうがいいですよ、とか。

分析して理解して、同じ事にはならないように。
学んで考える事が大切で
誰もが皆、それぞれの切磋琢磨によって悟りを得るものだから
祈ってるだけじゃ悟れないよ、とか(笑)。


そんな訳で、つづく★(ノ´∀`*)


ちなみにこの日、横浜から直行バスで羽田空港に行って
夜には北九州に戻ってきた。
すっっっごい、疲れた(笑)。
空港ラウンジ無かったら倒れてたと思う。
(帰ってきて倒れたけど、それは良しとしよう)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © べつのめせんでかんがえる. all rights reserved.